セカンドライフプラネット

セカンドライフのスクリプト言語(LSL)をプラネットします。3DCG で物体をプラネットしたりもします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SIMの仕組み(コンピューターの構造)

LSL超初心者講座の続きです。SIMの仕組み、コンピューターの構造について見ていきます。

ノイマン型コンピューター
身の回りにあるコンピューターの大部分は、ノイマン型とよばれているものです。

例えば、今使用しているPC はノイマン型です。また、携帯電話やゲーム機(家庭用、携帯型、業務用)もノイマン型です。はたまた、あらゆる家電や自動車・航空機などに組み込まれているコンピューターも全てノイマン型です。

要するに、我々の周りにはノイマン型コンピューター(以下、コンピューター)で溢れかえっています。

コンピューターの構造
それでは、コンピューターはどのような構造になっているのでしょうか?

プログラムを制作する際に、コンピューターの大まかな構造を知っておく必要があります。ちょうど、自動車を運転するのに、自動車の構造を勉強するようなものです。

コンピューターは、主記憶装置を中心に、周りにCPU(中央処理装置)、入力装置、出力装置、補助記憶装置と配置されます。それぞれの装置は結線され、2進数で表現されたデーターが行き来することでプログラムが動作します。


セカンドライフ スクリプト コンピューター構造

●主記憶装置(Main Storage, Memory)
コンピューターで一番重要な装置は主記憶装置です。一般にメモリー(Memory)とよばれ、2進数で表現されたプログラム本体が保存される場所です。容量はコンピューターの用途により色々です。例えば、セカンドライフが快適に動作するPC の場合、メモリー容量は1GBとか2GBとかです。

●補助記憶装置(Secondary Storage)
名前の通り、主記憶装置を補助する装置が、補助記憶装置です。ハードディスクドライブ(HD)、USBメモリー、SDカード、ゲームカセット、などです。例えば、プログラム実行中にメモリー領域が足りなくなった場合、一時的に補助記憶装置が使用されます。また、一般的に主記憶装置は持ち運びができませんが、持ち運び可能な補助記憶装置を併用することでプログラムやデーターを持ち運ぶことが可能になります。

●中央処理装置(CPU:Central Processing Unit)
主記憶装置にあるプログラムを実行する装置です。この装置は全ての装置を司り、データーの流れを制御しています。

●入力装置(Input Devices)
プログラムの実行に必要な情報をプログラムに入力する装置です。キーボード、タブレット、ゲームコントローラー、携帯電話ボタン、などがあります。

●出力装置(Output Devices)
プログラムの実行結果を人間に表示する装置です。ディスプレイ、プリンター、などがあります。


システム
複数のコンピューターが接続されていたり、コンピューターと人間が仕事を分担していたりしている形態をシステムとよびます。

銀行システムや各種発券・運行システム(緑の窓口、航空機、鉄道)など社会のインフラとなっているシステムは大規模で大変重要なシステムです。インターネットもそうです。

これらは、作業を遂行する際に、複数のコンピューターの使用をその作業手順に含めています。コンピューター使用を前提に作業分担されます。


セカンドライフ スクリプト システム

システムエンジニアとよばれる職種の人達が、このコンピューターと人間の作業分担を設計します。

それでは、コンピューターが利用される以前にシステムは存在しなかったのでしょうか?
コンピューター以前にも、銀行はありましたし鉄道も動いていました。大まかにいって、人々は現在とあまり変わらない生活をすごしていました。


セカンドライフ スクリプト システム

実は、コンピューター以前にも、記憶装置(メモリー)は存在していました。
紙媒体では、帳簿や証書、書籍などがそうです。人間の不確かな記憶能力を補うそれらメモリーを利用することで、人間は複雑な業務を遂行していました。古い所では「原始人の壁画」もメモリーです。

グリッド
セカンドライフもシステムです。多数のコンピューターと人間が共同で擬似世界(セカンドライフ)を運営しています。

1つのSIMには1台のコンピューター(サーバー)が担当し、擬似社会を維持管理しています。

例えば、AaのいるToshimakuも1台のサーバー上で擬似世界が動いています。Toshimakuの西隣にはItabasikuが、東隣にはBunkyokuがあり、これらも1台1台別のサーバー上で動いています。Toshimaku近隣のSIMに対応するサーバーはお互いに結線されていて、情報をやり取りしています。

セカンドライフ スクリプト Tokyo2

上図はToshimakuが属するTokyo2の様子です。現在、23SIMがつながっています。すなわち、Tokyo2だけでサーバーが23台使用されています。

セカンドライフ スクリプト グリッド

上図の一つ一つがSIMです。セカンドライフ全体でこれだけ多くのサーバーが使用されています。リンデンラボでは、これらのことをグリッドとよんでいます。

セカンドライフ内でいろいろな所にショッピングやキャンプ(バイト)に行くと直ぐに気がつくことがあります。

●アバターが多数いるSIMは非常に重い。
●アバターが一人もいないSIMが結構ある。


「重い」とは、アバターが自由に動かせない状態のことです。これは、そのSIMのサーバーが多数のアバターの処理に手間取っているためです。

せっかく、多数のコンピューターを接続しているのですから、アバターの数が多いSIMの処理は、アバターの数が少ないSIMも分担して処理をするようにすれば良いと思うのですがどうなのでしょうか?

この辺の情報はプレミアム会員にならないと公開されないようです(英語ですが)。

Aaはまだベーシック会員ですが、早々にプレミアム会員になろうと考えています。この辺の情報が分かれば、またの機会にお話しできればと思います。

テーマ:セカンドライフ - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2007/08/14(火) 17:04:23|
  2. LSL-Tips集
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<スターオフィス(日本語版:StarSuite)が無料配布 | ホーム | SF小説「接続された女」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gameworkshop.blog106.fc2.com/tb.php/25-cab286bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主記憶装置主記憶装置(しゅきおくそうち)は、CPUが直接アクセスすることの出来る記憶装置。メインメモリ、一次記憶装置とも。さらに短くして単にメモリとも呼ばれるが、フラッシュメモリなどと混同が起こりやすいため、使うときは注意を要する。概要主記憶装置には大きく
  1. 2007/09/14(金) 19:53:04 |
  2. 記憶装置を知る

プロフィール

Aa

Author:Aa
SLプラネットへようこそ!
Koenjiで物づくりしてます。
皆さん、遊びにきてください。

ショップのSLURL

ショップ(白屋)のSLURLです。メタバーズの高円寺にあります。商品を展示販売しています。

メタバーズ、高円寺、白屋

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

おすすめ商品!


パソコンの横において、疑問点をサッと調べられます!...



オブジェクト制作を基礎から解説!販売方法も詳しく記述!...



すぐに使えるサンプルプログラムを多数収録!...



関数の詳しい記述あり!辞書のように便利!...

ゲームPC

ゲーム用パソコンならドスパラへ!Galleriaシリーズが大人気!

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。